auを解約してソフトバンクにmnpしました。

先月が、auの携帯の2年縛りの更新月だったので、auをやめてソフトバンクにMNP(番号そのままで乗り換え)をすることにしました。

 

 

au自体はそんなに不便を感じていなかったのですが、普通に機種変更するよりも他の携帯会社に変えた方が、機種代金の割引やキャッシュバックなどがあるため同じ機種でも、格段に安くなることがわかったのが理由です。

 

 

今どき、携帯会社でつながりやすさはあまり変わりませんし、ソフトバンクの方が
auよりもつながりやすいそうですからね。docomoに乗り換えることも考えたのですが、
全体的にsoftbankの方が、キャッシュバックの金額が高いようでした(^^♪

 

 

色々、MNPのキャッシュバックがたくさんもらえるソフトバンクの代理店を探した所、
いくつか良いところが見つかったので、紹介します。

 

auを解約して他の会社に乗り換えることを検討している方は参考にしてみてください。


auから乗り換える時にキャッシュバックの高い代理店ランキング!

おとくケータイ.net


ソフトバンクの携帯に乗り換えるなら最初にチェックしておきたいのは
おとくケータイ.netです。

 

 

ソフトバンクの公式キャンペーンにプラスして、キャッシュバックが
最大5万円もらえます(^^♪また、プレゼントキャンペーンなどもあります。

 

スマホだけでなく、ガラケーへの乗り換えもキャッシュバックがあるので
人気が高いです。

 

CB(キャッシュバック)は、現金で後日振込みです。

 

ケータイショップといえば、お客さんに対する対応はどうか気になるところですが、
おとくケータイnetの場合、ソフトバンクの代理店の中で、お客様満足で1位にな
っているので、対応も評価が高いです。

 

 

携帯ショップといえば、ちゃらい兄ちゃんから、接客されて
感じが悪かった…ということが時々あるのでそのあたりも安心ですよね。

 

営業所は全国にあるので、事前に連絡してから行くと、待ち時間も0分
なるので、気になるかたは、あらかじめ連絡してから行くとよいですよ。

 

キャッシュバック:最大5万円
取り扱い機種;公式サイトと同じ(最新機種をほぼカバー)
キャッシュバック:現金(後日振込み)

 

⇒おとくケータイネットの詳細はコチラから

 

 

 

乗り換えking

 

 

乗り換えキングも、ソフトバンクのMNPに強いショップです。

 

キャッシュバック金額も
 MNP:最大5万円
 新規:最大3万円
 機種変更:最大1万円
(※サイト作成時変動あり)

 

とかなり高額になっています。

 

のりかえKINGの場合、訪問契約と言って、自宅や会社などに
お店の人が来てくれて契約してくれるので、忙しい方は良いと思います。

 

土日に携帯ショップに行くと、人が多すぎて疲れますからね・・・。

 

対応地域:全国

 

⇒乗り換えkingの詳細はコチラから

 

 

 

ソフトバンクショップオンライン


ソフトバンク直営のお店です。
何と言っても24時間365日契約できるというのが
強みだと思います。

 

仕事が忙しすぎて携帯ショップに行く暇がないよ〜とか、
2年縛りの無料で携帯を変えられる期間が、もうすぐ切れてしまうと
言った方に良いと思います。

 

MNPのキャッシュバックはそんなに多くないのですが、他社からのりかえ(mnp)
の月々割りなどはあるので、機種代金の負担はかなり少なくなってよいと思います。

 

時間的な余裕がある場合は、1位、2位のソフトバンクの公式代理店の方が
ソフトバンクの公式キャンペーン+代理店独自キャンペーンの2つがもらえるので、
全体的におとくになってよいですよ。

 

⇒ソフトバンクショップオンライン詳細はコチラから

 

 

携帯を乗り換える時に忘れがちなもの・・・

以前愛用していたスマートフォンが古くなって、他社から物凄く魅力的なスマートフォンが登場したので私は乗り換えを行いました。そして、その時に必要となってものとしては、以下のような物があります。

 

まずひとつは、本人確認書類です。これは新規のスマートフォンを契約するときにも必要になったりしますが、乗り換えの時にも同じように必要となりました。私の場合は運転免許証を財布の中に入れて携帯しているので、本人確認書類としてはそれを使いました。

 

そして、次に必要となってきたのがクレジットカードまたはキャッシュカードです。
クレジットカードでの支払いにするのか、銀行からの引き落としにするのか選べたのですが、私はクレジットカードを持っていなかったので、キャッシュカードを使いました。また、ただお店の人にみせるのではなくて、専用の読み取り装置にカードを入れて、暗証番号ではないカードを作成する時に決めたセキュリティ用の番号を入れる必要があったのでその番号を忘れてしまった方は事前に用意をしておくと便利です。

 

そして、MNPを使って乗り換えたので、その予約番号が必要となりました。印鑑などは特に必要もなく、自筆でサインすれば問題無かったです。